always one step forward

IT寄りの日常・IT以外の日常。ランニング。美術展や展示会感想。長文でもなるべく読みやすく構成する練習を兼ねています

分業のスタイル

最近、グループ内で仕事の分担を積極的に行える雰囲気になってきた。以前よりもコミュニケーションが生まれ、難問であっても、落としどころまでの着地がスムーズに行えている。負荷が分散することで、多少大きな負荷でも、経験として落ち着いてとらえられるようになっている。


前職でプロジェクトの進捗管理ぽいことをしていた時期は、優秀なメンバーに恵まれ、自分はあくまで管理役、状況の把握と意見聞きに徹することができていた。


職種も業種も違うけれど、不思議なことに、スタイルとしてその頃に近い状態になってきた。→全部自分でやろうとしても、できるわけはなく、任せるところは任せる。→なるべく彼らが動きやすい環境をつくる。そうすると、自然と助けてもらえるようになる。→自分の分担が相対的に減り、より集中して取り組める。

広告を非表示にする