always one step forward

IT寄りの日常・IT以外の日常。ランニング。美術展や展示会感想。長文でもなるべく読みやすく構成する練習を兼ねています

劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル

ドラマをずっと見ていたわけではないけれど、過去の映画の再放送や、夜中にまとめて放送されたりする時に観て、「あの世界観」はインプットできていた。自分なりにむりやり圧縮するなら=

  • 「霊能力なんか存在しない」というメッセージ
  • 「方言を話す人々+村+森林」という、(都会人から見た)非日常にくるめた表現
  • 山田・上田は(風変わりではあるけれど)都会または観客の象徴
  • 人殺しがおこってしまう背景は、犯人が過去に受けた傷の復讐

という点で共通している、と勝手に感じている。

今回もその流れから大きく外れることはなく、子供の心がからんだ悲しい物語になっていたけれど、入り込んで観ることができた。

松平健さんがかなりいい味を出している。暴れん坊将軍を知っていればにやにやしてしまうシーンがいくつか。回想場面の髪型も、本人がよく了承したなと思うほどの漫画チックで、かなりおもしろかった。佐藤健さんは、龍馬伝岡田以蔵役のイメージしかなかったけれど、方言で感情を出すところがかなりよくできていて、新しいイメージになった。鬼束ちひろさん「月光」のときも思ったけれど、今回の主題歌、熊谷育美さんという人の「月恋歌」も聴きやすくていい曲だと思った。


広告を非表示にする