always one step forward

IT寄りの日常・IT以外の日常。ランニング。美術展や展示会感想。長文でもなるべく読みやすく構成する練習を兼ねています

名探偵コナン 天空の難破船

1000円の日に、都合のいい時間帯に映画館に寄れたので観にいったら、意外とおもしろかった。子供向けの映画だから、他作品の予告も子供向けの作品のものばかりで新鮮。


ちょっと現実離れしたストーリーではあるものの、そんなことは気にせず、目の前でおこる出来事に素直にどきどきするように(おそらく子供がそうするであろうように)観た。

  • 大阪府警のメンバーがやたら浪花節を醸し出していたり、
  • 事件が起きたときの状況説明が若干ゆっくりなところ

に違和感があった以外は、展開の裏切り方や、登場人物の関係のしかたにも(大人として)充分納得。自分はそうではないけれど、普段テレビ版やこれまでの映画版を観ている人向けと思われるシーンもあって、長年ヒットしている作品ならではの気配りだなと感じた。Wikipediiaによれば、もうずいぶんと前から年1回の定番作品、コンスタントに20-30億円の興行収入。

飛行船にしかけられた爆弾をくまなく探すシーンで、よく聴くテーマソングが流れ、メロディの合間にジャズっぽいドラムソロが挟まっている。かなり渋い。奈良がよく出てくるのは、遷都1300年のタイアップなのかもしれない。(一瞬期待した「せんとくん」は出てこなかったが)

広告を非表示にする