always one step forward

IT寄りの日常・IT以外の日常。ランニング。美術展や展示会感想。長文でもなるべく読みやすく構成する練習を兼ねています

カイロプラクティック

いままで気にしていなかった、体勢のゆがみをみてもらうべく、カイロプラクティックの店(?)に行った。脳(→延髄)から脊髄にいたる全神経の通り道である、上部頸椎(第1と第2頸椎)のゆがみを直すことで、いろんな体調不良を治します、という触れ込みだった。


1Fの洋館風待合室で説明ビデオを鑑賞、2Fで身体の計測と「アジャストメント」をやってもらう。「アジャストした後の休息が大切なんです」と30分ほど寝かされる。その間、権威らしき先生と男女の助手2名が、システマチックに計測、説明、案内をしてくれて、まるでベルトコンベアに乗せられている風だった。


途中「AMSAT」なる計測があり、6つの電極を踏んだり握ったり、弱電流を流し(おそらくいくつかの方向から抵抗を求めているのだろう)、臓器の機能低下や、未病の発見する助けにすると言う。こうやって、身体のデータを可視化してくれると納得感が上がる。今まで知らなかった↓も知られてよかった。

  • まったくの健康体でも、脊髄(いわゆる背骨)はゆるくS字に湾曲している
  • 椎間板はゼリー状
  • 第一頸椎は「アトラス」第二は「仏の座」
  • 「AMSAT 測定」で検索するといくつか紹介ページが見つかるので、それなりにメジャーな測定らしい
広告を非表示にする