読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

always one step forward

IT寄りの日常・IT以外の日常。ランニング。美術展や展示会感想。長文でもなるべく読みやすく構成する練習を兼ねています

はやぶさ/HAYABUSA

後半ちょっと泣いてしまった。平たく言えば「探査機はやぶさが発射される少し前から、着陸した後までの約7年間を描いた」作品。けれど、それにまつわる開発者の熱さ、宇宙空間で仕事をこなすはやぶさの機体のリアルさ(実際は誰も見ておらず「※ 画面はあくまでイメージです」のはずなのだが)に引き込まれる。


実際に帰還したときはニュース映像でちらっと見たくらいで、あとは「無事帰還したものの、サンプルを持ち帰れたかどうか分析するまで不明」というやきもきする期間があったな、くらいにしか思っていなかったけれど、ときおり実際の映像も交えてくれるこの作品を通して、ああ実際にこんなことがあったのか、と帰還時のライブ動画を観られなかったことを後悔するくらいだった。大人になって観ると、長いプロジェクトでいろんな事情から離れる人が出たり、文部科学省に予算を出し渋られたり、という面もうんうんと思ってしまうが、子供の頃に観ていたら大きな夢を持てたように思う。


前半は竹内結子さんのオタクぶりが観られていい。生瀬勝久さんのうまい使われ方はトリックそのもの。無事帰還、サンプルリターンという結果がわかっていてもやっぱりドキドキする。こういう作品にするのは相当難しいんじゃないかと思いながら、M-1決勝(特にその場の空気を飲み込んだサンドウィッチマン、チュートリアル、パンクブーブー)の漫才が何度見ても面白いように、もう一度これを観たらまた泣いてしまうんじゃないかと思う。


はやぶさ/HAYABUSAとは編集

広告を非表示にする