always one step forward

IT寄りの日常・IT以外の日常。ランニング。美術展や展示会感想。長文でもなるべく読みやすく構成する練習を兼ねています

52nd ACC CMフェスティバル入賞作品上映会

昨年観たら面白かったので今年も参加した。15秒〜60秒、わずかな秒数でメッセージを込める圧縮の芸術作品をひたすら楽しむ、密度の濃い時間だった。今回は、シルバー以上の20作品それぞれに、解説の伊藤直樹さんによる一言解説 - 製作側の視点や、なぜこの作品の評判がよかったかなど - が加わり、予想していなかった分ちょっと勉強できてさらによかった。


昨年と今年の違い

昨年は、例えばサントリーの「上を向いて歩こう「見上げてごらん夜の星を」が象徴的であったように、震災後を大きく意識させる(つまりCM自体を流すことにも議論がおこるような)中での作品が多かった。東京ガス「お弁当メール」などもそうだ。けっこうこみあげてくる作品が連続していたのを覚えている。


いっぽう今年はどちらかというと、元気を出して前向いて行こう、というトーン、言ってみれば例年通りの作風のものが多かった。サントリーBOSSやダイワハウスリリーフランキー深津絵里夫妻シリーズ)など、昨年からの人気シリーズも健在。震災からの立ち上がりを意識させる、メッセージ力を持った作品も多く、グランプリをとったトヨタとホンダ、岩手日報社三陸鉄道編などいずれもそうだった。


個人的には、昨年と異なるのは「テレビを自宅から撤去してしまったので、流れる作品はすべてその場が初見」という点だった。ダイワマンの続編がけっこう作られていたことも知らず、トヨタのReBORNシリーズなども、おそらくテレビを付けていれば一度は目にしたはず。企業サイトを回れば動画で見ることはできるけれど、わざわざそうしないのがCMというもので。。いい作品と評価されたものは、商品名を連呼するような内容でもなく、いい意味でショートフィルムのように鑑賞できた。あとは概要と伊藤さんの一言解説のうち印象に残ったものを。

概要

  • 日本で年間万単位で制作されるテレビ/ラジオCMのうち約2000作品がこの賞へ応募し、
  • 審査員(テレビCM部門は20人超)の投票合計で得点が決まり、
    • ファイナリスト105作品、
    • そのうちブロンズが22作品、シルバー10作品、ゴールド8作品
    • グランプリ2作品
  • ↑がすべて毎年11月に決まる(審査員自らが制作者である人も多く、もちろん自分の作品には投票できない)
  • この上映会はどうやら人気?のようで、受賞のある11月から翌年3月(つまり今回の横浜)まで全国キャラバンで上映されている

一言解説メモ

広告を非表示にする