always one step forward

IT寄りの日常・IT以外の日常。ランニング。美術展や展示会感想。長文でもなるべく読みやすく構成する練習を兼ねています

ランニングは1人でするスポーツ?ランニングイベントに参加した

Untitled

とあるランニングイベントに初参加した。「ランニングキャリアやベストタイムには関係なく、みんなでランニング楽しみましょう」という雰囲気。願いは通じたか、朝の雨天はどこかに吹き飛ばされ、写真のような「あれもう梅雨明けですか」と見違える快晴のもと、

  • 初体験のリレー走、1人で走るときとの気分の違いとか、
  • 速い人はやっぱりいろいろ違うなとか、
  • 老若男女ランニングの楽しみ方それぞれあるなあとか、

いろいろ得られておもしろかった。また、進行役のスタッフさんによる準備も随所に感じられ、初参加 and/or 一人参加者にも配慮された、参加者が過ごしやすいイベントだった。

  • タイトル「?」への自問自答:
    • これに参加する前はYES。1人で黙々と(といいつつ地味に楽しみながら)やるものという考え方
    • これに参加した後は、NOとも言えるなあと変わったのが正直なところ

以下、写真はあまりありませんが感じたことなど:

グループでランニングする雰囲気

  • こんな感じで参加者が "お揃いTシャツ" を着る。いい青色
  • 会場だった公園はけっこう広く、白ユニフォームで揃えた野球少年、他のランナー、自転車に乗る親子連れもけっこういた
  • その中でイベント参加者の目印になるし、写真を見つつ思い返すと、参加してる感、一体感、安心感があったような気がする

Untitled

1周1.8kmのコンクリート道。午前中9時半ころ〜12時過ぎまでを使って、

  • 準備体操と1人ずつ簡単自己紹介
  • ウォームアップ(全員で1周)
  • ハンデ戦(事前申告10kmタイムに応じて、時間ハンデつきで競走。計2周)
  • 4名チームでリレー(Aさん→Bさん→Cさん→Dさん→最後は4人一緒に、計5周)

ハンデ戦

  • 速い人はハンデつきでもやっぱり速く、あのTBS「オールスター感謝祭マラソン」ワイナイナ選手のように、時間差をどんどん埋めて他の人をたくさん抜き、当然のように上位に入る。=速い人は速い
  • 一方で、ハンデの差がそのまま当てはまり、ほぼ同着になるような人たちもいた。その日の体調などもあり全員が想定通りのペースではないだろう中、ああよくフィットしたハンデだなと思った
  • 僕はハンデ無し=最初にスタート。まさにファンランという感じで楽しく走り、かつ「何度か後ろを振り向く」という、普段やらないような余裕もかますくらいだった
  • ただ2周目に入ると、すらすらと笑顔で抜いていく皆さんを眺めることに。でも抜かれはじめる時間帯は思ったより後ろのほうだった。ハンデ設定の妙は入れ込むとおもしろいかもしれない

リレー

  • そういえば長距離を走るのはこれまでずっと1人で、いわゆる駅伝形式=「自分の後に走る人がいる、タスキを渡す人がいる」の状態を経験したことはなかった。ぱっと思いつくのは正月の箱根駅伝、けれどこれは観る側なので何の感傷もなく、そこに映る駅伝の走者の気分になったのは、そういえば人生で初めてだった。
  • こういうとき抱く気持ちは本当に単純で、「ここで歩くわけにはいかない」「ペースを落とさずにがんばろう」という滅私の気持ちがけっこうはたらいた。そして、(まあ1.8kmと距離が短いというのもあったけれど、)止まらずに、普段よりは速いペースで走ることができた。1人走なら絶対ここ歩いてたなーというポイントも止まらずに行けた。
  • 大きなマラソン大会だと「グループエントリー」があり、需要があるのかいまいちわからなかったけれど、ようやくそのニーズがわかった気がする。友人/知り合いも出るからがんばろう(または手を抜けない)というモチベーション。

参考:1周測ってみた結果

せっかくなのでGPSウォッチを持っていった。さすがに全員のは見ていないけど、何となくガーミンの人が多かった気がする。SUUNTOは少数派なのかな。「1人1分、自分の時計を語る」みたいな企画は面白いかも。

  • オレンジ:ペース。キロ6分20秒。よく走る人にとってはゆっくりペースだろうけれど、個人的には速いペースで、ある程度の距離をこのペースで走れたことは今までなかった
    • 10'から11'の間でわずかに右上がり、最後にちょっとがんばった履歴が見えている
    • 11'以降にがたっと落ちているのは、ゴール後にStop押し忘れ。よくあるパターン
  • 白:高度。右側の軸からグラフを読むと、コース中で3-4mくらい高低差あったようだ
    • スタート地点から緩やかに下り、半周に至る地点までなだらかに上る。ただ、実際には坂はほとんど感じないコースだった

20140629

世代を感じない集まり

こういう集まりなので、休憩中だったり打ち上げだったり、他の参加者皆さんとの話題はやっぱり

  • 年何回くらい大会に出てます?
  • 普段どれくらい走ってます?
  • そのシューズいいですね(走りやすそうですね)

のような感じになる。たいてい僕よりはよく走られていて、やっぱりランニングイベントに参加する人は違うなあ、という印象。共通しているのは、過去の感想、これからの大会のこと、どちらも楽しそうに話されること。また、世代や男女で差がほとんどないのもこの世界ならでは

おまけ

コース終盤近くに見えるケバブ屋。ビールもありまっせという感じのパラソル。確かコロナビール。当然1周ごとに目に入り、イベント後のビールに向けた助走感をかもしだしてくれていた(何人かの方が同じことを言っていた)

Untitled

1/24 移動販売シリーズNo.05スターケバブ

1/24 移動販売シリーズNo.05スターケバブ