always one step forward

IT寄りの日常・IT以外の日常。ランニング。美術展や展示会感想。長文でもなるべく読みやすく構成する練習を兼ねています

東京マラソン:一般枠の倍率推移(2012〜2015)

2014/8/31、東京マラソン2015の一般エントリーが締め切られた。公開された倍率は10.7倍

と、この倍率を見て「あれそういえば毎年そんなに変わっていないような」と思ったので、2012から抜き出してみた。やや上がってはいるものの、そんなに変わらない。10倍を下回ったり、11倍になったりしていない。

毎年応募!の人もいれば、新しく挑戦してみようの人(プラス)、今年はもういいかの人(マイナス)、それぞれの差し引きでこの申込数に収まっているようだ。不思議といえば不思議。当選発表は9/25木

東京マラソン2012

35,500(エリート100人、チャリティランナー3,000人、東京マラソン公式クラブプレミアムメンバーから3,000人を含む) → 一般枠29,400(=35500-100-3000-3000)

東京マラソン2013

35,500(エリート100人、チャリティランナー3,000人、東京マラソン財団公式クラブONE TOKYOプレミアムメンバー3,000人を含みます) → 一般枠29,400(=35500-100-3000-3000)

東京マラソン2014

35,500(エリート100人、チャリティランナー3,000人、ONE TOKYO〈東京マラソン財団公式クラブ〉プレミアムメンバー3,000人を含みます) → 一般枠29,400(=35500-100-3000-3000)

東京マラソン2015

(?) = 今回から「(3)準エリート」枠が追加された。「マラソン定員35,500人」は変わらず。倍率計算の元になる人数には(2)(3)(4)は含まれていないようだけど、公開された申込者数と倍率からは合わない。逆算すると28488。あまり深く気にしないことにする

参考:募集要項の「1. マラソン:大会当日満19歳以上」より

  • (1) 一般
    • 6時間40分以内に完走できる男女(障害者、本大会が推薦する国内・国外の者を含みます)
    • (チャリティランナー3,000人、ONE TOKYO〈東京マラソン財団公式クラブ〉プレミアムメンバー3,000人を含みます)
    • ・2014年度日本陸上競技連盟登録競技者
    • 日本陸上競技連盟未登録者等
    • ※障害を持つ方で単独走行が困難な場合は、伴走者1人をつけてください(盲導犬の伴走は不可とします)。
  • (2) エリート(申込みは12月から行います。募集要項はこちらpdf):100人
  • (3) 準エリート:1000人
    • RUN as ONE - Tokyo Marathonプログラムの提携大会から推薦された競技者
  • (4) 車いす(健常者の参加は不可とします)

全然関係ないけど、公式グッズがAmazon.co.jpでも売られていた

書籍へのリンクも貼っておきます

完走! マラソン大会ガイド2014 (TJMOOK)

完走! マラソン大会ガイド2014 (TJMOOK)