読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

always one step forward

IT寄りの日常・IT以外の日常。ランニング。美術展や展示会感想。長文でもなるべく読みやすく構成する練習を兼ねています

2014/10/13 区民スポーツの日 マラソン大会に参加した

run

ゴール

区在住者対象、主に家族向けの「地元の運動会」という位置付けのスポーツ大会に、10km走があったので参加した。あまり走っておらずで10kmでもきつく、隅田川にかかる橋の緩やかな上り坂でも歩くなど、制限時間けっこうぎりぎりだった。

まあでも、こういう機会がないとますます走らなくなるし、道中、有森裕子さんのハイタッチで元気もらう経験ができて、いい思い出になった。

レース中の午前から雲が豊かになり、ゴール後に雨が本格的になった。開催してもらっただけでもよしとすることにした

第26回「区民スポーツの日」 - 中央区ホームページ

10月13日(祝日・月曜日)第26回「区民スポーツの日」は、あいにくの天候でしたが、たくさんの方のご参加をいただき、マラソン大会を実施することができました。

有森裕子さんのハイタッチ

ランナーを考慮したプロのハイタッチ。

  • 終盤、あと1kmないところ。ああきついな、と確かに思うタイミング
  • 腰を低くして待ってくれる。進む方向をじゃましない低い位置
  • 「ファイトー!」とコールしつつ、タッチといっても叩く感じではなく、触れる感じ

このおかげで、RPGで例えるなら、HP10%くらいだったのが、90%くらいに回復する実感だった。ゴールまで止まらず行けた

有森さん、プロランナーとしては引退され、メダリスト経験を活かしコンサルティングなどの会社設立。つまりすっかり事業主として活動されている。もちろん、全国の市民マラソン大会などに参加、講演等も引く手あまたという感じだろう。2020東京五輪に向けてのこともあるし応援します

やめたくなったら、こう考える (PHP新書)

やめたくなったら、こう考える (PHP新書)

あとは写真を

  • 受け取ったものもろもろ。1964年開催の東京五輪から50周年

参加賞Tシャツなど

  • 朝潮大橋から、西側の朝潮橋を眺める

朝潮大橋に立ち、朝潮橋・晴月橋を眺める

  • ドッヂボールにバスケットボール。懐かしい。自分のころも「MIKASA」「molten」使ってた

ドッジボール

  • 家族で選手宣誓

ファミリー選手宣誓

  • スタート地点

スタート地点

  • 親子手をつないで2km走るレース。なかなか親の人が一生懸命で、笑顔よりも真剣さがたくさんあった

親子でマラソン

  • この、写真ではなだらかに見える坂が、ランニングコースだと別な景色に見えるから不思議

小さな登り坂

  • 土のグラウンドに描かれる「ゴール」

ゴールはこちら

  • ゴールが見えてきた、、大方の人はゴールは終わっていて、逆に目立ってしっかりアナウンスされる形に(ありがとうございました)

ゴール

  • クールダウンの体操タイム。準備運動もいいけど、実際はこのストレッチの方が大切。大会でやってくれるのはけっこうめずらしい?気がした

クールダウンストレッチ

  • 画面に映る「足を左右に交差して+前屈」全くできなかった。前屈がせいせい膝まで。年、、というより、こんな動きをしたことがないから(ということにする)

足を組んで前屈

  • 午前中のマラソン大会の後、「フォークダンス〜」から始まるいろんなスポーツイベントがあったのだけれど、ちょうど雨脚が強くなりすべて中止となったそうだ。マラソンだけでもできてよかったというべきか

ステージプログラム

  • 子供出場の2kmレースなども1−8位まで表彰があり、メダル・有森さんや区長と記念撮影・何かしらの景品贈呈、という流れだった。記録の数字より、こういう出来事ほうが記憶に残るだろうな

子供達の表彰

表彰

  • 元巨人・角盈男さんの野球教室。小雨が続く中、少年たちだけでなく、その親御さんへのアドバイスがけっこう熱かった。全国を野球教室で回られているらしい

角盈男さんの野球教室

  • その他の写真を含めてスライドショーで: