読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

always one step forward

IT寄りの日常・IT以外の日常。ランニング。美術展や展示会感想。長文でもなるべく読みやすく構成する練習を兼ねています

2014/12/20 冬の代々木公園 ランニングイベントに参加

run

毎回抽選。いわき・愛知・福井など遠方からも参加あり。人気のランニングイベントに当選できたので参加した。冬の代々木公園、小雨がたまにぱらつく肌寒さの中、にぎやかにランニングを楽しむ時間に混ざることができた。

個人やチームで競う形ではあるけれど、基本的には「同じロードを同じ時間帯に一緒に走りましょう」という楽しみ方。

‥なのだけれど、この秋〜冬、直近の大会で出場経験がある皆さんが、穏やかな表情でずんずん先を行かれるのを見ると、やっぱり"地力"が違うなあと、大会にあまり出ていない自分からは感じることが多かった。言葉にすれば単純だけれど、継続する力は見えずとも大きい。

参加者紹介

印象的だったのは、開始時、参加者1人1人の紹介を主催側からしてもらえるという貴重さ。

いわゆる他己紹介で、いろいろ調べて紹介文を考える、だけでもそれなりの手間があったはず。イベント参加者だけでなく、応募者・ブログ読者も含め「皆さんは"その他大勢"ではありません」というメッセージがあり、その気持ちが明確に表れた時間だったように思えた。


あとは(あまり撮ってないけど)写真と合わせて:

冬の代々木公園

約2km弱、サイクリングコースを兼ねた舗装道。路面はよく整備されているものの、脇の落ち葉の量からはやっぱり冬そのもの

季節柄、サンタグループがいた。入念な準備体操。ランニングはゆっくりキロ7分くらい、2列縦隊でなんだか礼儀正しい感じだった

背の高い桜の木(たぶん桜)春に来たことはないけれど、座れる場所も多いので、花見の季節はきっとかなり賑わうのだろう

参加賞でもらったタオル。小雨もあったのでその場でさっそく使えてよかった

個人的な記録

  • 4人でタスキをつなぐチーム戦(1人約1.8km)で測ったペース。だいたいキロ6分
  • 参加者の中では一番遅いペースだったけれど、個人的には、キロ6分を切るペースでこの距離を走ったことはなく(いつもはたいていキロ7分)、キロ6分の世界を知ったというか、疲れ具合とかがよくわかってよかった

map03

コース

  • 下図の右下、原宿駅そばがスタート/ゴール地点。北側の赤い部分との高低差がだいたい25m
  • グラフにするとなんだか差があるように見えるけれど、実際はまあほとんど平坦な感じ

map01

map02

代々木公園 vs 皇居

  • vsということでもないけど)土曜午前という時間帯だったからか、普段走る皇居周りに比べると、ランニングする「グループ」がとても多かった。皇居に比べれば、芝生など集まれる場所・面積が圧倒的に多くて、集まりやすいのかもしれない
  • そのわりに、ランニングステーションが少ないのがちょっと不思議だった。検索した限りではミズノ運営「NOHARA」しか見つからず。前を通ったけど、大勢が一度に利用できる大きさでもなさそう
  • イベント当日も元気に走る中学生グループがいたし、平日会社帰りに代々木公園を走る社会人もそれなりにいるはずで、皆さん着替えやシャワーはどうしているのだろう
  • 皇居周りのランステ多さを考えればもっとニーズはあるはずなのにな。お話しした方の情報によると、近所に銭湯はいくつかあるようだ

おまけ:原宿アパートメンツ

原宿といっても古いところはとことん古い、がよくわかる一例。「メジャーな駅名+アパートメント」という現在ではつけづらいレアな名前に加え、この前景には惹かれるものがある

調べてみるとれっきとしたマンションで、1957年築ともうすぐ築60年。この時代の鉄筋コンクリート造はけっこう珍しいのでは。原宿/表参道に至近=立地は最高だし、しっかりした設備であれば、古い=悪いとはならず、おそらく人気を保った物件なのだろう