読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

always one step forward

IT寄りの日常・IT以外の日常。ランニング。美術展や展示会感想。長文でもなるべく読みやすく構成する練習を兼ねています

2015紅白歌合戦(2014/12/31)勝手に採点表 (1/2)

daily

大晦日の夜、実家でゆっくり。そしてこの定番番組を最初からほぼ通して観た。

なんとなく、自分なりに点数つけたらおもしろいかも、と思って残していたメモ。この採点作業のおかげで、あの長時間、飽きることなく通して観ることができた。

まだ1ヶ月経っていないけれど、もうかなり昔のことのように思える。いまだに印象に残っている曲と、もうあまり思い出せない曲とがわりとはっきり分かれている。文中で印象薄いと書いてしまっているのは後者

評価ポイント

  • 歌っているかどうか:歌合戦なので
  • 会場/テレビラジオ前の観衆を、楽しませようとしているかどうか:口パクでも、これが高いと高評価(今回はゴールデンボンバー
  • 歌詞の内容はあまり見ていない:選挙演説を聴くとき、内容よりも「演説の雰囲気、空気作りのセンス」を評価する感じに似ているかも

もちろん #個人の感想です。思ったより長くなったので2部構成で。

(今回最高点だった4.5点の曲を太字にしました)

凡例

最初テーブルに書きかけたけど、レイアウトが面倒な気がしたので普通に箇条書きで。点数は0〜5、0.5刻み:

  • 紅組 出場者名「曲名」点数
    • コメント
      • 白組 出場者名「曲名」点数
        • コメント

Markdown、いい仕様だと思うけれど、テーブル記述だけがえらく面倒。枯れた技術でもあり、当分廃れない気がする

前半

  • HKT48「メロンジュース」3.5
    • あまり印象に残っていないけれど、最初の演者=自身もスタッフも緊張のはずで、それをこなした点に+0.5
      • Sexy Zone「紅白にHITOMEBORE」3
        • 同じく印象に残っていない
  • E-girls「Highschool love」4
    • 大人数でダンスの波長を合わせる難易度。美しくそろっていた。こういう場合、口パクでもあまり関係ない
      • AAA「さよならの前に」3.5
        • 「男女混合」字面や雰囲気をいまいちばんよく表しているグループ。王道ポップスを聴かせてくれた。こういう場なので、もうちょっと明るい他の曲でもよかった
  • miwa「Faith」3.5
    • 印象薄いけど、途中、カメラアップ込みのギターのフィンガリングに+0.5
  • SKE48NMB48「不器用太陽、イビサガール」3
    • 昨年のカモネギックスがよかっただけに。さらに2曲をつなげた混沌さがマイナスにしかなっていなかった
  • 藤あや子「あや子のお国自慢だよ ~がんばろな東北!!~」3.5
    • お上手なんだろうけど、印象薄い。東北の皆さんは嬉しいのだろうか(反語ではなく、素朴な疑問)
      • ポルノグラフィティ「アポロ」4.5
        • 序盤にこんなカタルシスを得られるとは。場を理解して定番曲を披露するプロ魂。この時点でかなり白優勢


次回以降の期待を込めてカモネギックス貼っておきます

小計

  • 紅 3.5 + 4 + 3.5 + 3 + 3.5 = 17.5
  • 白 3 + 3.5 + 4 + 3 + 4.5 = 18

  • T.M.Revolution水樹奈々「紅白2014スペシャルコラボレーション」4
    • お互い、1人でもかなりのパフォーマンスなのに、なんでペアで出てくるのだろう。でもペアリングも乱れがなく、一つのアートになっていた

(企画、紅白分かれていない曲は、点は書いたものの、各組の合計には加えていません)


  • 伍代夏子「ひとり酒」4
    • 安定感。V6森田君が口を滑らせた「踊らされた‥」コメントで空気が崩れてしまったのが惜しい
  • 西野カナ「Darling」4
    • 「線は細いけれど、方向がしっかりぶれていないベクトル」を感じる。背伸びせず自分の声で歌っているのもよかった
  • 香西かおり「酒のやど」3.5
    • 印象薄い
      • 細川たかし「応援歌、いきます」3.5
        • 印象薄い。他の出演者大勢の華を借りている感じがどうも
  • 天童よしみ「やっぱ好きやねん」4
    • 2014年にこの曲を歌う意義に共感して+0.5点。しかし、この曲が持つ雰囲気はまったくなかった。天童さんの歌、という感じでもなかった。けど上手だったので計4点
      • 德永英明「花は咲く」4
        • 好きな曲なので、毎年誰かに歌ってほしい。天童さんとは逆に、これは徳永さんの曲になっていた

「花は咲く」Goose houseのアカペラ版もけっこういい


  • 坂本冬美「男の火祭り」3.5
    • 印象薄い。というか演歌全般は気合い入れて聴いておらず、無意識に「休憩」としていたのかもしれない
      • 森進一「年上の女(ひと)」3.5
        • 今年の流行語大賞もらい事故。でもしっかりこなす森進一さん
  • 和田アキ子「古い日記 ~2014紅白スペシャル~」3
    • 厳しい。生声で勝負するポリシーは尊敬するけど、そこ以外の評価ポイントがない
      • V6「WAになっておどろう」4.5
        • 誰もが認める定番曲(世代によるけど)そしてようやく初出場、というストーリーに+0.5点

小計

  • 紅 17.5 + (4 + 4 + 3.5 + 4 + 3.5 + 3) = 39.5
  • 白 18 + (4.5 + 3.5 + 3.5 + 4 + 3.5 + 4.5) = 41.5

後半に続きます)

広告を非表示にする