always one step forward

IT寄りの日常・IT以外の日常。ランニング。美術展や展示会感想。長文でもなるべく読みやすく構成する練習を兼ねています

バンクーバーマラソン2015完走記

昨年2月の東京マラソン2014に続き1年3ヶ月ぶり、人生2度目のフルマラソン。まさかの海外大会。無事5:27:46で完走できた。東京マラソンは6時間弱だったので約30分の記録更新。

まあ、タイムのこともあるけれど、行きたかった街に行き、街の日常を歩き、日常を少しながら"生活"し、という点も合わせていい思い出になった。

完走記の目次

イントロダクション

いつか行ってみたかった街であるバンクーバー。日本のゴールデンウィークにあたる5/3にマラソン大会が開催されていると知った。今回が44回目、伝統あるほうと言っていいだろう。けっこう迷いつつも、思った時が行き時と、わりと直前(1ヶ月ほど前)に参加を決めた。

  • 走りきれるだろうかという不安
  • 海外まで来たしリタイアは惜しいと思うだろう(から大丈夫)という気持ち

‥が半々。結局、直前を含め長距離の練習も結局それほどしないままだった。それでも、大会が始まってみれば気持ちよい道中で、

  • とにかくまぶしいけれど、暑くはない陽射し
  • 国内大会とは異なる英語の声援
  • 終盤10km、美しい湾岸を持つスタンレーパーク、涼しい海風
  • 何よりも、海外に赴いて大会参加する経験

などを楽しめた。写真を見返しながら、いろいろ書き残しておくことにする

なぜバンクーバー

  • 祖父が住んでいた街だから。小さい頃から「バンクーバー」という6文字だけは印象が残っていた。マラソンは関係なくとも、いつか行けたら、と思っていた都市の1つだった
  • とはいえ機会を作るのはなかなか難しい。そんな中でマラソン大会の存在を知った。行きたい気持ちと大会の存在が掛け合わさって、自分の中にGOサインが出た
  • 「住みやすい街ランキング」上位を保持している街。「何が理由で、このランキングに入っているのだろう?」生活する視点でも街を見てみたかった

https://en.wikipedia.org/wiki/World%27s_most_liveable_cities

広告を非表示にする