always one step forward

日本語/英語/翻訳/統計/経済/化学/物理/ランニング/カメラに関心。個人の感想です #translation #MT #NLP #PENTAXQ7 #Suunto #SpartanTrainerWristHR

横浜マラソン2017 大会前日の中止発表

大会中止のお知らせ

2017.10.28 大会中止のお知らせ - 横浜マラソン2017

安全寄りの英断、という一言に尽きる。その一方で、

  • いろいろ準備して、(緊張や楽しみもありつつ)これが初フル!
  • ようやく初当選、地元(or 近所)の横浜の街をようやく走れる!
  • 冬はエントリー済みだけれど、秋のフルはこれだけ!

という人はおそらくかなりいたはず。大会前日なので、前泊で横浜を訪れた人も多く、言葉がありません

時系列メモ

  • 10/27(金)ランナー受付スタート
    • この日の午後、ボランティア活動(IDチェック)をしており、「当日、開催しますかねえ」と声をかけてくる参加者もけっこうおられた。「今のところは開催、ただし正式には当日朝の発表次第です」と回答

  • 10/28(土)夕方、大会中止のお知らせ
  • 同日19時前 ボランティアスタッフ向けのメールを受信

2017-10-28_07-41-53

  • 10/29(日) ボランティア活動(フィニッシュエリアの会場誘導)を予定していたけれど、もちろんパシフィコ横浜にはいかず、今に至る

開催していたら‥

  • 前日10/28夕方時点の天気予報では、4-5mmの雨(けっこうざあざあ降るレベル)、北風もそれなりにあり。10/29の天気を見るとほぼ予報通り
    • 特に首都高区間新杉田から大まかには北へ向かう)は、ランナーみなさんにとってもかなりきびしい道中になっただろう
  • パフォーマンス給水のみなさん、チアリーディング応援の子供たち、給水/給食/コース誘導ボランティアメンバーが数時間、雨嵐の中で活動することに。。前回2016参加したので雰囲気は想像できる
  • 雨風は10/29夕方〜夜にかけて続き、帰便の新幹線/飛行機への影響が大きかった可能性
    • 「そうなってもいいので、開催してほしかった」意見もおそらく出るだろうけれども、多くの参加者の「参加後」のことも考えれば。。

参考)10/29 15時過ぎの雨雲レーダー

雨雲レーダー

雨雲レーダー - ウェザーニュース

開催しなかったことで‥

参加者視点では

  • 「主催者判断、仕方ない」が多くの意見。自分が参加していたとしてもおそらくこの意見
  • 「返金を」「次回の参加優先権を」という意見もでるだろう。エントリー時点の規約同意により返金はない。次回、前回当選者の優先枠は、一部準備されるかもしれない(推測)
  • もしかしたら「やっぱり春開催に戻します」があるかもしれない(推測)。少なくとも来年はまた秋開催だろうな

ボランティアメンバー視点では

  • IDチェック時に顔を合わせた何百人ものランナー参加者、多くのボランティアの皆さんの働き
  • 少なくとも金曜は良い天気だったので、(自分を含め)当日の中止を想定した人はほぼいなかったはず
  • こういうこともありうるのが屋外イベント、といういい経験になった

運営側の視点では

  • リスクあるところに保険あり、収支面はおそらく「興行中止保険」が適用され、ある程度カバーされるのでは
  • スポンサー一覧の保険会社は第一生命保険だけで、商品一覧にそれっぽい商品がないのはちょっと気になるけれど、何か契約しているでしょう

ともかく、本当の意味での"諸"事情を考慮し、「開催するリスク」「開催しないリスク」を天秤にかけ(どちらも大きい)、前者を重く見た、ということかと思います

DSC_4065