always one step forward

always one step forward

IT寄りの and/or IT以外の日常。マラソン大会/ランニング/GPSウォッチ。美術展/建築/工業デザイン。長文でもなるべく読みやすく構成する文章練習帳

オーストラリア ETAS申請手順

ETAS=オーストラリア渡航時に必要な観光ビザ。

申請の"公式"ルート(オーストラリア政府移民局経由)と比べ、代行業者利用=申請費用がより安くなるという珍しいパターン。

「ETAS 申請」検索で業者はいくつも見つかる。今回はビューグラントという業者にて代行申請、問題なく渡航できたのでその時の手順メモを。

※費用や画面はいずれも2018/4現在のものです

ETAとは?

Electronic Travel Authority

ETAとは?」にあるように:

Electronic Travel Authority(ETA)は、オーストラリアへの渡航許可で、渡航者のパスポート情報で電子的に管理されています。

観光や、会議出席、調査、契約交渉などのビジネスを目的とした短期滞在が対象です。

ETA就労ビザではありません。オーストラリアで就労する人は、以下のビザファインダーで、渡航目的に適したビザの種類を見つけてください。https://www.homeaffairs.gov.au/trav/visa-1

  • 渡航期間が短くても申請が必要
  • 電子化されており、申請+決済はオンラインで完結する
  • ETASが有効かは、出発空港(成田空港など)でのチェックイン時にチェックされる
    • 到着した現地空港の入国審査で「ETAS登録がされていませんよ!」とはならない
  • 厳密には、複数あるビザ種類の一つ

申請方法:オーストラリア政府移民局

  • 画面左上「ETAを申請する」から、日本語のガイドに従い淡々と申請できる。手順はこのページでは割愛
  • 「システム利用料」AUD$20=¥1600(1AUD=¥80の場合)

申請方法:ツアー会社

  • 旅行ツアーで行く場合、その旅行代理店が申請代行も行っている
  • 代行費用:代理店それぞれ。おおむね「¥3000+税」程度だろうか
  • 代行依頼方法:申込先に問い合わせるか「JTB ETAS 申請」「HIS ETAS 申請」など検索をどうぞ(このページでは割愛)
    • といっても必須なので、こちらから聞かなくても、ツアー申し込みの段階で案内してくれる(はず)

申請方法:代行業者

  • 「ビューグラント」さんの場合¥500だった
  • 安い理由は? "申請費用:政府へは無料で、システム会社に支払うもの" など。わかったようなわからないような

申請手順(ビューグラント)

事前準備

  • 自分が渡航時に使用予定の「パスポート」を手元に準備
  • 顔写真のあるページに記載された内容を見ながら情報入力する

注文

  • 下記へアクセス

  • 「国別に探す」→「オーストラリア」
  • 「【出発8日前まで】 オーストラリアETAS」をカートに入れる
    • 1ヶ月前だったり、数名分まとめてだと低単価になるよう
  • 配達方法の選択。通常はメールで

001

  • 決済(方法をいずれか選択)

002

パスポート情報入力

  • 決済完了するとメールを受信する。リンクをクリック

003

  • 自分の注文に合うリンクをクリック

004

  • ここからいろいろ入力。赤く「必須」とある欄は必須入力
  • パスポート中、英語で書かれた情報をほぼすべて入力することになる

005

006

情報入力完了(連絡待ち)

  • さまざま入力を終えたらこの画面が表示され、

007

  • 合わせてメールを受信。次のメール連絡を待つ

008

情報登録完了

  • 「情報登録しました」メールが届く
  • ここに書かれた内容が自分のパスポート情報と相違ないか?の再確認が必要
    • 相違あれば早めに連絡しましょう(でないとまちがったETAS申請のままになる)
    • 相違なければ、もうやることはない

009

出発当日

  • そのまま空港へ行く(もちろんパスポートは持参)
  • 出発空港でのチェックイン時、この申請済みETAS情報が参照される。メールを印刷して持参する(or 画面で見せる)は不要