always one step forward

IT寄りの日常・IT以外の日常。ランニング。美術展や展示会感想。長文でもなるべく読みやすく構成する練習を兼ねています

2014/10 長野でノルディックハーフマラソンに参加した

コース

10月下旬、長野の飯綱東高原(飯綱高原の東にある高原)、湖沿いや山道をてくてくと歩く大会に参加した。

ノルディックハーフ"マラソン"、21.0975km、計測あり。ただし「走らない、徒歩の大会です」というのがちょっとおもしろかった。

紅葉がちょうど始まった時期で、緑→黄色→オレンジ→赤とまだらな紅葉が見られた。風は涼しく、寒くない陽射し。おそらくこの高原のベストシーズンではとも思える天気。たまたま見つけたにしては良い大会に巡り合ったと思う。春にも開催してほしい。

スタート

荻原健司さんによるフランクな感じの準備体操。澄んだ晴天

準備運動

スタート

スタート

基本的には平坦+まあまあトレッキング

  • コース全体は:アスファルト、土の遊歩道がバランス良く、ところどころにある上りがアクセントになっていた
  • 若干予想していたような"手をついて登るような"坂は無かった

コース

コース

コース案内

飯縄山を見晴らす直線の道

紅葉・すすき

絶景です。背の高い針葉樹

紅葉

都内、というか平野部ではおそらく全国でもなかなかない風景

紅葉

すすきも自由奔放

ススキ

紅葉

紅葉

ポール

2本のポールを両手に固定し、体の「斜め後ろの地面」を突きながら歩く

ポールは斜め後ろで突く

平坦な道だと、あってもなくても良い感じだけれど、歩き疲れた終盤は、平坦な道でもこのポールの推進力がありがたかった

ポールは手に固定

湖・陽光

飯綱東高原

霊仙寺湖

霊仙寺湖

りんご・やまぼうし・野菜

  • スタート地点と、道中の1カ所にエイドがあり「りんご好きなだけどうぞ〜」
  • シナノスイートという品種らしく、甘くて硬めの好きなタイプ。自分用に土産で購入。4個\300とお手ごろ

 りんご シナノスイート

  • 「りんごジュースもどうぞ〜」このジュースの味や、りんごの食感、いまだに記憶に残っている

りんごジュース

  • 「やまぼうし」という野生の果物とのこと。なかなか野生のものを口にする経験がなく、ちょっと勇気がいったけれど、甘くておいしかった

やまぼうし

  • 中には入らなかったけれど「共同野菜売り場」こういうコミュニティが成り立つ土地柄なんですね

共同野菜売り場

ゴール

  • 徒歩とはいえ21km超、終盤2-3kmはきつかった

ゴール

  • Tシャツがかっこいい
  • 隠れている下半分には、協賛企業のロゴがたくさん入っている。それも含めて、これだけ字を入れるとレイアウトは崩れがちだけれど、そうは見せないデザイン力

Tシャツと完歩証

  • 荻原(おぎわら)健司さん、国会経験を活かした?挨拶で参加者の心をつかみ、自らも21km参加
  • 写真撮影にもフレンドリーに応じていただきかなり好印象だった

レース後も晴天

  • NHK長野・萩原(はぎはら)アナウンサーも5.5km参加
  • 下の写真では抽選プレゼントのポールを掲げ、司会進行はさすがプロという感じで楽しめた

抽選会の目玉 Lapinポール

おまけ

  • 近所の温泉銭湯にアルパカがなぜか飼われていた

アルパカ

鴨せいろ

  • ここに貼っていないその他を含めた写真まとめて