読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

always one step forward

IT寄りの日常・IT以外の日常。ランニング。美術展や展示会感想。長文でもなるべく読みやすく構成する練習を兼ねています

マーベルツムツムを始めた

マーベルツムツム

スマートフォン用のいわゆる暇つぶしゲーム。従来のディズニー版「ツムツム」に加え、「マーベルツムツム」が2/24にリリースされた。

実は「暇つぶされ」ゲーム?

暇つぶしと書いた。たしかにそのつもりで始めるのだけれど、気がついたら"没入"していて、むしろ"暇時間を占有"してくれることも。

電車やバスでの移動中は(なぜか)酔うのでやらない。せいぜい、夜、家にいるときくらい。いずれにしてもやりすぎはよくない。課金もする予定はない

ディズニー版と同じ点

ルールはほぼ同じ:

  • なるべく長いチェーン、つまり同じキャラクター(ツム)の連なりを探して、指でなぞって消す
  • 長いチェーンであるほど得点が高い
  • 消す作業を途切れずに続けると「COMBO」が連なり、最終的な得点アップにつながる
  • ボムをタップするとその周囲をまとめて消せる
  • 「フィーバータイム」はマーベルツムツムでは「MEGA CHARGE」と呼ばれる。この期間はCOMBOが途切れないのでうまくつかう
  • キャラクターを使っていくと、レベルが上がる。レベルが上がると、消した個数に応じたスコアが上がる

などなど(文章説明を見るよりやってみたほうが早いです)

  • 刻々と変わる状況において、なるべく長いチェーンを探す
  • 長いチェーンをつくるために、消すキャラクターをあえて絞りつつ進める

のようなパズル的要素もある。一種の画像認識・パターン認識問題のようでもある。とかいう難しいことは考えなくても大丈夫

「ツムツム 攻略」などで検索するといろんな情報が見つかるけれど、ここは公式サイトの紹介を:

ディズニー版と異なる点

  • 配信元がLINE→ミクシィと異なる(開発元は同じ)
  • ディズニー版よりツムがやや小さい(マーベル→ディズニーと続けてプレイするとよくわかる)
  • ディズニー版よりCOMBO切れ(までの時間)がシビアになった気がする

など細かい点は除き、公式サイトを紹介しつつ、

画像も何枚か:

マーベルキャラクターが登場

それぞれのスキルに応じたギミックが楽しい。下の画像はブラックウィドウのボム。スキルは(ゲームを進めるとたまる)アイテムで強化できる

マーベルツムツム

ステージを順に進む形

ミッションをクリアすると先へ進める。ステージ3後半あたりから、なかなかすんなりとはいかなくなる

マーベルツムツム

また、ステージの合間に「ボス戦」がある。「なぞるチェーンの最後をボスに当てる」ような指の操作になる

キャラクター(ツム)3つで1チーム

ディズニー版は1つだけだった

マーベルツムツム

「バトル」モードに 「協力バトル」なるものがある

「バトル」モード。ステージ進めるのとは無関係に、単体の(期間限定のもあり)ミッションに取り組むモード

マーベルツムツム

その中に「協力バトル」がある。どうやら同じ画面を使ってプレイするらしい。

GPS情報から「近くのプレイヤー」を探すか、登録したフレンドを選択できるようだ

マーベルツムツム

アプリダウンロードURL

マーベルツムツム

マーベル ツムツム

マーベル ツムツム

  • mixi, Inc
  • ゲーム
  • 無料

ツムツム

LINE:ディズニー ツムツム

LINE:ディズニー ツムツム

  • LINE Corporation
  • ゲーム
  • 無料

広告を非表示にする