always one step forward

IT寄りの日常・IT以外の日常。ランニング。美術展や展示会感想。長文でもなるべく読みやすく構成する練習を兼ねています

オーケストラの秘密

平たく言えばオーケストラにまつわる蘊蓄本。ソナタとコンチェルトとシンフォニーの違いを初めて知ることができた。


最初にわかりやすく、「ステージマネージャー」「インペク」など、オーケストラの裏方のことを説明してくれるので、おもしろかった。楽器ごと、作曲家ごとの特徴、指揮者とは?という項目もあるけれど、これらがもし最初に来ていたら、この本への好奇心は半減していたかもしれない。編集の妙、順序の裏切り。


素人として意外に思ったのは、オーケストラにおけるピアノがあまり評価されていないこと。コンサート中にも刻々とこまかい調律が必要な他の楽器に比べて、事前の調律師の仕事がすべてで、いったんコンサートが始まったらチューニングできない。このため「融通の利かない」楽器と位置づけられてしまっているのが、新鮮と言えば新鮮だ。


オーケストラの秘密 (生活人新書 239)

オーケストラの秘密 (生活人新書 239)

広告を非表示にする