always one step forward

always one step forward

IT寄りの and/or IT以外の日常。マラソン大会/ランニング/GPSウォッチ。美術展/建築/工業デザイン。長文でもなるべく読みやすく構成する文章練習帳

eSIM「AIRSIM」を快適に使用した in ゴールドコースト

02_setup03

2018年初夏(6/30-7/3の4日間)、ゴールドコースト(オーストラリア)滞在時の通信環境はこの「AIRSIM」にした。現地4G回線が手頃に利用できてよい。

まったく初利用だったので、仕組みの理解、最初の設定にやや時間がかかったものの、いったん使い始めると快適。 料金面でも(今回の場合は)他の方法より有利。また海外行くことあればこれを使うと思う。以下SIMカードやプラン購入、設定手順などのメモを:

長くなったので最初にpros and consを:

実際に使って感じたeSIMのメリット

プラン購入や設定を出発前に行える

Webサイト上やAIRSIMアプリ(後述)で行う。対象のSIMカードをアクティベートする前でもよく、旅行準備のひとつとして、自宅で落ち着いて行える。これはよかった

https://www.airsim.com.hk/categories_asia

02_setup08

現地SIM購入だと‥

  • 購入(多くは到着空港で。少しあたふた?)
  • 空港ロビーなどでSIM交換(小さいのであたふた?)
  • アクセスポイントの設定(その場で説明書を理解)
  • 通信できているか確認

‥までがスムーズに必要。慣れの問題ながら、海外渡航がまれだったり、到着後の空港滞在時間が限られていたりであればそうもいかない

通信料金が安い

後述。

持ち歩く / 充電するデバイスが増えない

使ってみて初めてわかった点。

  • Wi-Fiルーターレンタルだと、手持ちデバイスが+1され、小型とはいえ手持ち荷物が増える。慣れればなんということはないだろうけれど
  • そして充電が気になる。いまや複数端子を持つUSB充電器がメジャーになったとはいえ、寝る前に充電する場合、スマートフォンだけでいいのか、Wi-Fiルーターも充電か、は意外と差になる

実際に使って感じたeSIMのデメリット

あまりない。

  • アプリによるプランの事前購入、到着後の設定、接続確認、は慣れないうちは時間がかかるかもしれない
  • SIMロック解除手続き後、スマートフォン電源入れた時に入力が必要な「SIMネットワーク ロック解除PIN」を確認しておく必要はある。ただこれは、現地SIMを購入して交換する場合も同じ

以下本編です(すでに長い)画面や料金などはいずれも2018年6-7月現在のものです

前提

呼び名「eSIM」?

AIRSIMは、香港が本拠地の「SHINETOWN TELECOM」が提供するいわゆるeSIM。

「仮想SIM」「バーチャルSIM」「ソフトウェアSIM」「クラウドSIM」など、Web検索で拾える限りいろいろな呼び名がある。厳密な定義には差があるのかもしれないけれど、基本的に同じ仕組みを指している気がする。

しかし今年。かのAppleさんが(iPhone Xs/Xs Max/XR発売にともない)「eSIM」を使い始めたことで、おそらくこれに集約されるのでは。2018年は「"eSIM"定着元年」かもしれない

現地での通信環境 選び方

「海外で手頃にネット環境を!」‥ホテル等のWi-Fi環境は除き、大別すると現時点では下記の通り:

  1. 国内契約SIMで国際ローミング利用
  2. モバイルWi-Fiルーターレンタル
  3. 現地SIM購入
  4. eSIM購入+現地通信プラン購入(ローミングで利用)

それぞれWeb検索でいろんな記事が見つかるので詳細は割愛。例)「(国名) 現地sim 方法 2018」

  • 挙げた順に、利用料金が高い(気がする。下に行くほど下がる)ただし台湾や香港など、地域によっては3≒4かも
    • 逆に、仕組みの理解や設定の時間量が増えるかもしれない。1.や2.だとその辺りを省略できるのでよい

手順

eSIM購入+現地通信プラン購入(ローミングで利用)

としてAIRSIMを選択した時の手順

AIRSIM購入

アマゾンで。チャージ金額なし/あり、どちらでもよいと思う。

今回はチャージなしを¥500(購入時)で1枚購入した。チャージなしの場合、アプリ内で決済し使うプランを購入できる

SIMカード外観

ほどなく小型封筒で送られてくる。マニュアルは英語+中国語

01_product_open

設定

AIRSIMアプリのダウンロード

SIMカード購入前/後どちらでもよい。

Android

iOS

AIRSIM ROAM

AIRSIM ROAM

  • Shinetown Telecommunication Ltd
  • ユーティリティ
  • 無料

SIMカード情報の登録

  • 画面の指示通りに入力。まず購入したSIMカードに付与された「ICCID」
  • 「Activation Code」「Email」「Contact 電話番号」
  • 「Submit」

02_setup01

「こんな手順で使います」説明画面。スワイプして進める

  • 最後の画面にあるように "Reusable" がメリットの一つ。異なる渡航先でも同じSIMカードが使える
  • 「AIRTALK」は音声通話用の別アプリ。今回の旅行では使わなかった

02_setup02

プランの選択

対象国の選択

お姉さんがOKサインを出すこの「My AIRSIM」画面。アプリ起動後のメニューとしてよく見ることになる

  • 左下「Buy」
  • 「Popular」で「Australia」を選択
  • キャリア名を確認。Optusは「オーストラリア第二の通信会社」日本でいうauのような立ち位置か
  • 通信上限は「Unlimited 無制限」ただし「1日あたり500MBを超えると256kbpsに制限されます」まあこんなものでしょう
  • 「Select」

02_setup03

Optus - Wikipedia

Optus is the second largest telecommunications company in Australia.

https://www.optus.com.au/

ちなみに:SIMカードの有効期限は1年間
  • 画面中央「Account Number」下に表示される。上記コード入力から1年間のようだ
  • 期限内であれば "Reusable" の通り、複数国へ渡航したり、1箇所に複数訪れたり、でその都度プランを購入できる
  • 全く使わなくても、カード自体の有効期限は1年間

プランの選択

  • APN名「3gnet」を覚えておく。現地でローミング設定するとき必要になる文字列
    • 将来利用可能なキャリアが変われば、この文字列も変わる。「オーストラリアは常に3gnet」というわけではない
  • データ通信プランを選択。(ややわかりにくいが)画面下部にメニューがある
    • 「5 Days 4G Data」HK$98
    • 現地滞在は4日間だけれど、選択できたのは24 hrs/3 Days/5 Days/7 Days/‥だった
  • 次に音声通話を選択
    • 「AIRTALK 30 Minutes」が無料だったので一応追加した

02_setup04

利用開始日の指定→カートへ追加

  • 年月日で指定。現地到着日に合わせ「2018/6/30」
  • 「Add to Cart
  • 「カートに追加されました」で「OK」※カートに入っただけでまだ課金されていない
  • カートが表示される。これまで指定した内容を確認

02_setup05

  • 「Notes」には細かいけれど重要な点が:
    • Effective Date(入力した利用開始日)になればSIMが有効になる
    • もし同じEffective Dateであるプランがあれば、それらは入力順に有効になる(最初に-Buy入力したものが-最初に-使われる)
  • 「Checkout」

プランの購入

この「Total Amount」画面で「Pay」すると決済画面に移る

02_setup06

  • 「HK$98」はいくら?
    • Buyした時点のレートで約¥1400(5 days)
    • 今回はPayPal決済にした。図の右端はカード決済された金額で、ややレート変動を受けたものの¥1400前後。1日あたり¥280
    • SIMカード購入代金¥500が加わるものの、安いですよね
  • PayPalまたはクレジットカードを選択、指示に従い決済
  • 「Transaction completed. Thank You」が表示されれば購入完了

02_setup07

購入したプランの確認

  • 最初のメニュー画面「My SIRSIM」でいつでも確認できる
    • 「Valid Package」その時点で有効なプラン
    • 「Used Package」使用済みのプラン。使い終わったものはここに表示される
    • 「Current SIM Info」現地で利用中は図右「Optus AU - AIRSIM」のように表示される

03_app_setting01

参考:複数国で利用なら「Combo」

今回は使わなかった。「中国、香港、マカオ」「シンガポール、マレーシア」など。同じ通信会社との契約で使えるのだろう

02_setup09

スマートフォン側の準備:SIMロック解除

  • (未解除であれば)必須。めったに行わない作業なので、あたふたしないよう事前確認を
  • SIMカードというよりは、回線契約ごとに紐づく作業。最近の(ここ2-3年で発売された)機種であれば対応しているでしょう
  • 方法はキャリアによって異なる
    • 下記3キャリアはオンライン手続き可能。解除できる条件や手順は、以下ページや「ドコモ SIMロック解除」など検索でどうぞ
    • もちろんSIMフリー端末であればこの作業はスキップ可能。AIRSIMに交換するだけで使える(はず)

NTTドコモ

解除手続き後、最初の電源を入れると「SIMネットワーク ロック解除PIN」入力が求められる。これは、手続き後「【ドコモ】お手続きを承りました」メールに記される「解除コード:」に書かれた数値。あらかじめ設定された(複数ある)PINではないことに注意

au

ソフトバンク

アクセスポイントの設定

覚えておいた文字列「3gnet」の出番。一言で言えば、この名前を持つ「アクセスポイント名」を追加する手順

  • 設定画面はOS(iOS or Android)で異なる。以下はAndroid 8.0 画面
    • ちなみに普段使っているアクセスポイント名はドコモ「SPモード」
  • 「設定」→「モバイルネットワーク」画面で「アクセスポイント名」をタップ
  • 「APN」画面で右上「+」をタップ

03_app_setting02

  • 「アクセスポイントの編集」画面で「APN 未設定」部分をタップ
  • 入力画面で「3gnet」入力して「OK」→「APN」欄に「3gnet」が表示される

03_app_setting03

  • 画面を戻ると「3gnet」が追加されている

現地到着後の操作

さあ利用開始。

AIRSIMをセット

まず、スマートフォンにAIRSIMをセットする。(SIM 1枚を挿すモデルの場合は、SIMを挿しかえる)

しかし‥

セット後(SIM交換後)AIRSIM通信を有効にするために、通信環境がまず必要

  • 普段使っているSIMカードでの通信は(取り外したので)使えない
    • eSIM利用における数少ないトラップとも言える
    • デュアルSIM端末ならこの点はクリアですね。普段使っているSIM+AIRSIMを挿しておくとよい
  • 具体的には、AIRSIMのセットを、空港のWi-Fiなどが利用可能な状態で行うのがよい。たとえば以下いずれかでOK
    • 出発空港のロビーで(空港のWi-Fiを掴める場所で)AIRSIMをセットする
    • 到着空港のロビーで(空港のWi-Fiを掴める場所で)AIRSIMをセットする

セット後、「AIRSIM通信はまだできないが、空港のWi-Fiを使って通信ができる」の状態。そして以下の操作を行う。

アクセスポイントの使用

ようやくです。

  • 「設定」→「モバイルネットワーク」画面で「アクセスポイント名」をタップ
  • 作成したアクセスポイント「3gnet」を選択
  • 「データローミングを使用」をオン

これで接続開始!

03_app_setting05

03_app_setting04

もし接続されなければ?

一度だけ遭遇した。スマートフォンの再起動により、無事、アクセスポイント「3gnet」を参照、現地Optus回線を掴むようになった。

場合によって再起動が必要になるようだ。iOSなら問題ないのかもしれない

接続後

一度現地回線を掴むようになれば、日本国内で4G回線を利用しているのと感覚はほぼ変わらない。

  • ホテルWi-Fiが届かない街中でも、たいてい通信可能
  • 見知らぬ街歩きで活躍するGoogleマップ。キーワード等で地図検索がいつでも使えるのは心強い
  • モバイルWi-Fiを携行していれば同じ状態だけれど、スマートフォンだけで通信できるのは快適

参考情報

今回使わなかった機能。参考までに

AIRTALK

音声通話を行う場合このアプリを使う(ようだ。)説明画面を横スワイプで進めると、

04_airtalk01

電話アプリに近い画面。番号を入力し、購入した音声通話プランの残り時間に従い通話可能(だろう)

04_airtalk02

今回は「AIRTALK 30 Minutes」をつけたので、必要なら音声通話できた。現地でどこかへ電話する可能性はゼロではないので安心ですね

Topup

いわゆる「チャージ」に近い。「一定の金額分をあらかじめ決済し"チャージ"しておけば、必要な時にプランの購入が可能」ということだろう

  • 「Topup」をタップ

05_topup01

  • 「Topup by credit card」をタップ。こちらがメジャーな方法か
    • 決済方法、金額(画面例 HK$100)を選択し、決済する(とtopup完了になるようだ)

05_topup03

  • 「Topup by 7-eleven」をタップ。ちょっとおもしろい方法(試してないけれど)
  • 「By $100 Recharge Voucher」は調べると下記。香港のセブンイレブンで買えるプリペイドカードのよう
  • 「By Bar Code」は「このバーコードを店員に見せて支払うと、翌日の午後9時までにtopupされます」とある。まあ、チャージでなく購入自体もその場でできるはずで、topupには緊急性を求めない、ということかもしれない

05_topup02