always one step forward

IT寄りの日常・IT以外の日常。ランニング。美術展や展示会感想。長文でもなるべく読みやすく構成する練習を兼ねています

メダル落としゲーム

たしか人生ではじめて、メダル落としゲームとたわむれた。ゲーセン前で無料で配られていた20枚くらいx2人分のメダルから始まって、仕組みがわからないままスタートしたら、何かの運があったのか、ここでしばらく楽しんでねというメッセージなのか、けっこう当たりが続いて30-40分くらい楽しめた。


海物語という文字があったので、たぶんこれ。目の前の液晶画面で回るスロットにリーチがかかったり、確変がどうとか出てきたり。あまり詳しくないけれど、パチンコのそれに近い雰囲気だった。やみくもに落とすのではなく、選ぶ台が重要。


ボタンを押して画面の中だけを見る普通のゲームでなく、自分の手でじゃらじゃら言わせてメダルを触る感覚が、逆に新鮮でいいのかもしれない。これにはまって貯金崩して、、とは到底ならないけれど、たまにたしなむ分には全然ありで、大人になっても充分楽しめるなと思った。

広告を非表示にする