always one step forward

日本語/英語/翻訳/統計/経済/化学/物理/ランニング/カメラに関心。個人の感想です #translation #MT #NLP #PENTAXQ7 #Suunto #SpartanTrainerWristHR

「音声入力でブログ」を試してみる - 設定手順編 macOS High Sierra

昨今のスマートスピーカーと異なり、いきなりデバイスに話しかけても音声入力はしてくれない。

といってもOSの標準機能なので、いくつか手順を踏めば利用可能になる。その設定手順メモを:

macOS (10.13 High Sierra)

上記ページの通り。まとめると:

  • [システム環境設定] → [キーボード] → [音声入力] タブ
  • 「音声入力」を [オン] にする
  • 「拡張音声入力を使用」をチェック
    • 入力した音声データがAppleに送信されなくなる
    • チェックしなくても音声入力は可能。この場合、音声入力したデータがAppleに送信される。Siriと同じ状態
  • 最初のみ、画像左下のようにデータダウンロードされる。けっこう(ネットワーク環境によるが1-2時間?)待つ

voice input1 - macOS

あとは簡単。

  • 音声入力したい画面で機能を有効化するキー入力(初期設定だとFn+Fn)
  • マイクアイコンが表示されるので、マイクに向かって話す
    • 喫茶店など外部の雑音が多いとおそらく認識されにくいだろう

voice input3 - macOS

  • 音声入力を終えたいときはまたFn+Fn

文章の区切りや記号は特殊な発音で

  • 一覧はこのページ

    • 句読点「、」は「てん」、「。」は「まる」
    • 改行は「つぎのぎょう」、段落分けは「つぎのだんらく」
    • 丸かっこは「かっこ開く」「かっこ閉じる」など
  • 認識のスピードは、CPU/メモリ性能が影響しているかもしれない。念のため利用環境のスペックとOSバージョンを: