読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

always one step forward

IT寄りの日常・IT以外の日常。ランニング。美術展や展示会感想。長文でもなるべく読みやすく構成する練習を兼ねています

2015/12/13 奈良マラソン2015完走記 - きついけれどいい大会

完走証とバスタオル

いにしへの 奈良の都の 八重桜 けふ九重に にほひぬるかな(伊勢大輔

‥の季節とは少しずれるものの、12月半ば「奈良マラソン2015」に参加、何とか制限時間内に完走できた。朝9時スタート、制限時間6時間、ネットタイム5時間33分

さすが奈良、百人一首の時代から「いにしへの(古の)」と詠まれるだけあって、土地に空に染み入った歴史感をそこかしこに感じさせてくれる街だった。

きついけれどいい大会

いわゆるアップダウン(上り坂/下り坂)が他大会に比べてかなり多く、コース終盤でも遠慮なく上り坂が訪れる。後半は、上り坂中心にけっこう歩いた。

中盤の天理市街、白川ダム付近の復路。足への負担が明らかに蓄積して「これは途中リタイアか」と気力が切れかけたけど、何とか持ちこたえた。

きついのだけれど、不思議とまた挑戦したくなるコース。練習を重ねてまた参加したい(具体的に言うと、今回の自分の記録を更新したい)と思える大会。

コース全般を通して、豊富な給水。そして沿道の人々/ボランティアスタッフの声援。老若男女、張った声がよく出ていた。これらに大きく支えられた。どうもありがとうございました。

難コース

6月下旬のエントリー時点では深く考えていなかったけれど、当日が近づき、話を聞くにつれ「アップダウンが多く、国内でも上位にくる難コース」とわかってきた。

この場合は「難」=「平坦な部分が少なく、タイムが狙いにくい」の意味。上位ランナーでない自分の場合は、「難」=「制限時間内に完走できないかもしれない」と言い換えられる。ランニングを始めて2年超、計3度目のフルマラソンとしてはややハードルが高かったかもしれない。

まあだからといって逃げるわけでもなく、皇居外周に外務省や財務省そばの坂(潮見坂、富士見坂)を組み入れるなど、坂ありコースのランニングをわりと直前まで行っていた。効果はそれなりにあったと思う。

上り坂の"基準"となる大会

歩きも交えつつ、一応コースを"完走"できたことで、今後の他大会、多少のアップダウンも「あの奈良の上りに比べれば」と比較基準にできる気がする。2015年2月の青梅マラソン上り坂の感覚をまだ憶えているので、足で憶えた"基準"はなかなか消えにくいような気がする。

完走率

種目 出走者数 完走者数 完走率[%]
マラソン男子 9729 9063 93.2%
マラソン女子 2482 2181 87.9%
合計 12211 11244 92.1%

http://www.nara-marathon.jp/news_detail.html?id=77

この完走率という数字自体には、いろんな見方があると思う。7時間制限の東京マラソンはこの数年96%台。5時間制限の北海道マラソンは80%台。4時間制限の第1回さいたま国際は72%。時間制限だけでなくアップダウンの多さも影響する。

今回の奈良マラソンの場合、合計 12211 - 11244 = 967 人の皆さんが悔しくも完走ならず(途中関門またはゴール前でリタイア)。率というよりは、そういう人が1000人近くいる、という数を単純に考えても、かなりチャレンジングな大会と言える

あとは写真を。まとめてみるスライドショーはこちら(注:100枚以上あります)

20151213_奈良マラソン

そのうち何枚か抜粋して、最後に動画を:

大会前日 12/12

朝の興福寺。こういう美しいたたずまいの木が何ということもなく立っている

興福寺境内。美しい木

近鉄奈良駅そばの商店街。奈良らしい、といえばそうだけど

奈良らしいといえばそうだけど

コース下見ツアーに参加。アップダウンはバスからはさすがにわかりづらい。しかし景色を見ておくのは大事

コース下見中

途中で寄った平城宮跡 大極殿

平城宮跡 第一次大極殿

天理市にある石上神宮。相当古い木造の社

天理市 石上神宮 相当古い建物

奈良マラソンEXPO。ランナー前日受付会場、飲食ブースもかなり盛況

飲食ブースが豊富

歴代大会のメダル。今回のメダルデザインは当日まで非公表。早々に公開する大会も多い中、個人的にはこのスタンスはよかった

歴代大会のメダル。今回のデザインは当日ゴールまで非公開

その後は東大寺二月堂や大仏殿を観光。二月堂から奈良市街を望む

二月堂から西側を望む

大仏殿、のなかにそびえる多聞天。だいぶ前に傾いて造られている

かなり前傾で建てられている。見る人へのインパクトを考えた角度

参加賞Tシャツはシンプル。青龍

参加賞Tシャツ背中。青龍

大会当日 12/13

朝の興福寺そば。こうやって普通に鹿が住みついている。いや、神の使いとしてこのあたりを守っているのか

朝から鹿が優雅にたたずむ

晴れ上がった。最終Kブロックはトラック内からスタート

Kブロックはこんな感じでトラックからスタート

スタート〜5km折り返し〜10km付近

競技場から南下、西へ折れ、生駒山系を真向かいに見つつ西へ。5kmで折り返し同じ道を戻り、奈良公園方面へ

map01

西へ向かう。左にはすでに折り返し後の速い皆さんとスライド(すれ違い)

西へ西へ。左は5km折り返し後の人々

平城宮跡朱雀門を遠くに見つつ、太鼓の皆さんの応援

遠くに朱雀門を見つつ太鼓の皆さん

11〜16km付近

わずかにアップダウンがありつつも、わりと単調な区間

map02

ワッケンローの皆さんの声援

ワッケンローの人々。歌に演奏によく音が出ていた

看板職人でありたこ焼き屋さんでもある。ただただ、異色の人

17〜25km折り返し〜31km付近

きつさでいえば、この区間が一番。距離的にもそうだし、白川ダム・白川大橋前後にきつい上り坂が連続して訪れる。まあしかし今となってはいい思い出

map03

29km付近。これはさすがに歩きます。ここに写っている人は完走したとしても5時間台の人々。この坂はやはりほとんど歩いている

うねって上る。29km手前付近

天理市、真南通りの折り返しへ

真南通りへ。25.5kmあたり

小餅入りのぜんざい

ぜんざい。小餅入り

数字を随時張り替えてくれる。

数字を随時張り替え教えてくれる。これも応援

清志郎さん風おじさんの応援(音が出ます)

清志郎さん風おじさんの元気な応援

31km、ゆるく長い上り坂の途中に三輪そうめん

三輪そうめんコーナー。31km地点

冬だし温かいそうめんか、という予想に反する冷や麦。しかし体が熱を持っているので、冷たいそうめんがありがたかった

冬に食べる冷や麦。小皿に適量でおいしかった

32〜38km付近

くたびれながらも、残りを計算できる区間に入った

map04

でも写真は少なめ。。バナナ。おいしい

「バナナがいかに食べやすく切られているか」は、実は大会成熟度のよい尺度になっている気がする。小さすぎると物足りないし、大きいと食べづらい。奈良マラソンは、いいさじ加減で切られていた

バナナもありました。おいしい

またきつい坂。。「なんじゃこれ」とおもわず声が出た。皆さん歩いてます

DSC_2226

とか何とか言いながらようやくこの「鹿注意」路面表示がある区域に。つまり、奈良公園へ近づいてきたことを意味する

DSC_2228

39km〜ゴール

map05

県庁前交差点を北へ曲がる。このころは元気も戻って小走りの状態に

DSC_2230

ゴールの競技場まで1kmない区間も上り坂。さすがにこれは、「奈良マラソン=上り」のイメージが強く残る

DSC_2239

めでたくフィナーレへ。競技場へ入る

DSC_2241

有森さんありがとう!

DSC_2243

奈良の皆さん。向けたカメラに笑顔をくれる優しい人々

見知らぬランナーに笑顔をくれる優しい人々

フィニッシュライン通過の瞬間(音が出ます)

フィニッシュラインの瞬間

完走メダル

こんなデザインでした。メッセージがいい。奈良ならでは。

完走メダル。奈良ならではのコメント。「来年、またお会いしましょう」

バスタオル。やさしい生地で、いま家で常用してます

完走証とバスタオル